リフォームが今人気です。

解体費用

もしかしたら耳にしたことがあるかもしれませんが、家の解体には意外とお金がかかります。
例えば、最近空き家の問題がありますね。
老朽化して崩壊の危険があったり治安が悪くなったりするので、取り壊しするなり誰か住むなりの対応を迫られています。
持ち主からしたら、取り壊すする費用がなかったり、もしくは高額な費用を払うならそのまま置いておくほうがいいという人もいます。

リフォームでは柱など残しつつ、いらない所だけ壊していきますが、出たごみは産業廃棄物として処理しなければいけません。
なので、解体費とごみの処理代に数十万かかります。

その相場は50万円前後といわれていますが、もちろん大きい家だとその分発生する産業廃棄物の量も増えるので金額も高くなります。

業者から見積もりをもらった際には、その詳細な計算でその金額になったか確認しましょう。

書類作成費

書類を作るだけでも費用がかさみます。
いくつかピックアップしてみましょう。

まずは印紙税。
これは契約書を作成する時に必要になるもので、リフォームの金額によってかかる費用もかかります。
例えば100万円以下でしたら200円で少なくて済みますが、500万円を超えると1万円になってしまいます。

次に設計費です。
リフォームをする際に設計士に新しい間取りを設計してもらいますが、これは工事費の何パーセントという形で発生します。
なので、工事費用が高ければその分高くなってしまいます。

最後に建築確認申請費用です。
これはリフォーム後の家が構造的にしっかりしているか、耐震性はしっかりしているかを役所に確認してもらい、建築してもいいという許可を得るためのものです。
この申請のために、建築士でなければ作成できないものがあるので、業者が代わりに申請をしてくれるのですが、その費用が30万円前後になることもあります。


この記事をシェアする
TOPへ