これも覚えておきたい!リフォーム以外の費用。

リフォーム完了までの日数とお金

大規模リフォームの場合ですと、一番の問題がものの移動とどこに保管するかです。
普段はそんなに使わないものはトランクルームを使う人も多く、段ボールなどにまとめておけばリフォーム後の移動もスムーズです。
しかし、そうするにしても、仮住まいへの引っ越し代、家賃、トランクルーム代、さらにリフォーム後にはまた引っ越し費用がかかります。
しかも、家賃やトランクルーム代は工事が長引けばその分費用はかかります。

また、小規模のリフォームで、仮住まいへの引っ越しがなくても大丈夫そうという時でも、入浴施設代や外食費はかかります。
また工事によっては退去した方が工事が早くなったり、費用が安くなることもあるようなので、工事業者に確認したほうがいいです。

段取りをしっかりとしよう!

工事業者の見積書以外にもこんなにも費用がかかる可能性があるのがリフォームです。
リフォームの計画段階では気づかず、工事が始まってからどんどん想定外の出費がでてくると、せっかくリフォームをして新しい家に住めるとウキウキしていた気分も台無しですよね。

お金に慌てないよう、しっかりと段取りをしてリフォームを計画し、どうしても発生してしまう急な工事代や出費に備えた予備費も確保しておかないといけません。
書類作成費や印紙代、仮住まいの費用も考えると、リフォーム代と新しい家具や家電の予算も詳細な物を立てやすくなります。

生涯で何回もないリフォーム、後悔のないよう、今後の生活がギスギスしないよう参考になれば幸いです。


この記事をシェアする
TOPへ